長崎大学 情報データ科学部

  • 言語切替アイコン
  • メールアイコンお問合せ
  • 地図アイコンアクセス
  • サイトマップアイコンサイトマップ
企業・各種機関の皆様

実社会課題解決プロジェクトProject Based Learning on Practical Problems

 本科目は、実際の社会における問題から具体的な課題を発見し、それを解決していくという実践的な取り組みを通じて、課題解決の方法をデザインする力、多種多様なデータの収集と解析する知識・技能、さらにはチームで協働できるために必要なコミュニケーションの技能、創造性、批判的思考力などを高めていこうとするものです。
学年進行に応じて段階的に、本物の課題に取り組む機会が与えられ、学んだ知識技能を課題解決に活用することで、用いた知識や技能についての理解を深めるだけでなく、自らが持っている知識・技能・経験では対処できない課題に直面することで、次の学びを方向づけることをねらいます。
 本科目の実践は、大学が企業のみなさまとともに人財を育成し、協働して学術的な活動を豊かにしようとする社会的な取り組みとなることを目指しています。実際の世の中にある本物の課題を大学に持ち込んでいただくことで、学生にとっては学びの機会が生まれ、企業にとっては、大学と協働してその課題が解決することにつながります。
他大学ではあまり例のない大きな規模の試みであり、多くの企業のみなさまとの協働を実現したく、本学学生に挑戦する機会を与えていただきますよう、お力添えください。
IoT、AI、ビッグデータ、ソフトウェア工学、データベース、パターン認識、暗号化、VR/AR/MR など、様々な分野の専門家とそれを学ぶ学生とともに課題解決に取り組みましょう!

※令和2年度の企業様へのご案内等は終了しています。来年度のご案内については、詳細が決まり次第お知らせします。

トップへ